「デキない人」や「全力でない」方が幸せってこともある

☆[https://life.blogmura.com/kakei/ranking.html家計管理・貯蓄]




超人的な能力の高い人には

当てはまらないので

あくまで一般枠の話です。

「人に迷惑かけないように」 

「精一杯全力で」

など、キャッチーな【良い親セリフ】は

いろいろありますが

使いやすいからといって考えなしに

子供に押しつけないようにしたいです。

これらの台詞に補足するなら

「たまには人を頼れ」

「モノによっては全力じゃなくていい」

ですかね?

そう思ったキッカケは身近な人が

苦労体質だからです。

他人に迷惑かけたくない

という思いが強すぎて

何かと全て自分が背負ってしまうんです。

悪い事に能力の高い人なので

余計に人を頼らないし

人にできないこともできてしまう。

とても頑張り屋さんですが

見ていて疲れるし、

最初は「ありがとう」と言っていた人たちも

その人がするのが当たり前になれば

今度はしないと非難を浴びせたりもする。

・・というような流れを見ていると

人に頼らない悪循環があるのかなと。


私のおすすめは人生の活動を

6~8割のパワーでやることです。

(※重要な試合や受験等は除く)

無理すれば1人でできそうなことでも

 誰かに頼る選択肢を捨てないのが

得策と考えます。

そういう姿勢で生きていると

いつも余力がある状態なんです。

もう限界!キー!←ってなるのを予防できます。

余力余裕となり

待ち時間を楽しめたり

優しく大らかな気持ちで接する事ができ

そちらの方が人当たりも良いですし

実生活に直結したメリットが大きい

そう感じています。

しかも単独作業より共同作業の方が

楽しくて早く片付くし

頼み事をされたらむしろ嬉しい人だっています。


また、かなりベタですが恋愛面でも

「君は1人でも生きていける。でもあの娘は・・」

と言われてフラれる人がいます。

デキない側が選ばれる事だってあるんです。

(恋愛がデキるという見方もあるが)


何事もできないよりできた方がいいので

人より劣っていると自信をなくしやすい・・

でも、

できない方が得することもある

全力】より【脱力】の方がいい時もある

そう思っていれば気楽ですよね。

短所は長所なり♪



☆[https://life.blogmura.com/kakei/ranking.html家計管理・貯蓄]

コメント

人気の投稿